ココロの Bansousya マスク着用について

つぶやき記事

暮らしの変化

早いもので6月

梅雨入りを待ちながら、一足早く紫陽花たちが色づきはじめています

我が家のアナベルは7年生、紫陽花は3年生で昨年までは青色カラーでしたが今年は紫となりました。土壌の状態で花色を変える紫陽花はステキですね。

新年度が始まり2ヶ月。様々な時間をお過ごしのことと思います。

緊張感が途切れない毎日から少しずつ溶け込み、ちょっぴり肩の力が抜けた反面、疲れが出てくる頃だと思いますが、雨のシーズンにも入りますのでいつもよりどうぞゆったり過ごされてくださいね。

わたしはと言うと、指導者からの面接訓練や、新たな資格チャレンジへの準備、協会・上智大学の研修など交流と学びの時間を過ごしています。人の発達やグリーフケアなど様々な角度で心にフォーカスすることは、臨床現場での経験と照らし合わせそれは深い学びです。そして学べば学ぶほど、心の不思議を感じては立ち止まる作業を繰り返しています。

そんな日々の息抜きは畑しごと。4月から大きな貸農園を借りて、朝活と題していそいそと畑に出向く日課が定着してきました。畑仲間さんのお知恵をお借りし、テントウムシの仕事ぶりや土壌生物を含む土の中のお客さん、ミツバチたちが協力してくれて、何とか夏を彩る野菜を愉しめるまでの畑となりました。

暮らしの変化の中、メリハリの大切さに励まされる6月です。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。